ガードルを選ぶポイント

ガードルの選び方で押さえておくのは、サイズ選びです。自分の体型やウエストやヒップのサイズに合わせて選んでいないと、ガードルの効果を引き出す事が出来ないです。ガードルのサイズが間違っていて緩いと、骨盤矯正の効果が損なわれてしまいます。

 

きつ過ぎると、身体に大きな負担が加わります。小さいサイズのガードルを着用して、ギュウギュウに締め付けた方が矯正効果が高くなるとイメージしている人もいるはずです。

 

しかし、産後の女性の体は想像している以上にデリケートで締め付け過ぎると骨盤付近の血流が悪化して子宮や内臓に負担が加わります。ガードルは骨盤をサポートする目的で履くため、自分の体型にぴったりのサイズを選びます。

 

妊娠中に体重が10キロ以上増えた場合は、妊娠前よりも1.2サイズ大きめになる事があるため産後のサイズに合わせて選びます。今までの自分の体型の感覚でガードルを選ぶのではなく、きちんとサイズを測定するのが大切です。

 

 

ガードルは加圧下着とか補正下着としても販売されている

ガードルは締めつけ感がつよいとか履き心地が微妙、動きにくそうなどのイメージがありますが、それは昔の話しであり、今のガードルは昔から言われてきている問題とか不満、心配な部分とかをしっかりと改善しているものとかを作ったりしているため、安全性もしっかりとあり安心して履いていられるガードルが多数出ていたりします。

 

ガードルを出しているメーカーやブランドによって作りとか使われている素材などが異なっておりますが、きつい締め付け感とか履き心地、動きにくいなどの部分はあまり感じないものが多く出ているのでそこは安心するようにお願いします。

 

補正下着というジャンルでガードルが出ていたりしていて男性用のとかも出ている世の中であるため、ガードルは更に今後注目を集めていく可能性は大いにあります。

 

加圧下着としてガードルが出ていることもあったりするため、注目しておきたいところであり、様々な効果を得られるガードルとかも多くあったりしていて、利用者の満足度とかも90%を超えているものとかもあるので侮れないです。