ガードルで産後の歪みを矯正する

産後の骨盤の歪みを矯正する目的でガードルを使う場合は、6か月から1年間を目安にして着用します。ガードルはいつまで履くと良いのかは特に決まりがないが、6か月くらいの期間が経過すると自然と体型が落ち着いてきます。

 

長く見て産後1年が経過すると、筋肉や靭帯が妊娠前と同じ状態に戻ります。産後6か月から1年間は継続してガードルを使って骨盤ケアに取り組んでいきます。早くても産後2週間からガードルを履けるが、焦って着用する必要はないです。

 

ガードルは骨盤の歪みの回復をサポートするインナーであり、着用時期が早いと効果が高まるわけではないです。急いでガードルを着用すると、腹痛や更なる出血を起こるリスクが高まります。産後に骨盤矯正をしないと、骨盤から背骨の歪みが引き金になってあらゆる体調不良の原因になります。

 

他には、骨盤が正しい位置に戻らないで開きっぱなしになると腰痛や肩こりの症状が悪化します。下腹部にある内臓が正しい位置に収まらなくなり、便秘や尿漏れの原因にもなりやすいです。