骨盤矯正パンツを選ぶコツ

骨盤をしっかりガードしてほしかったり出来るだけスタイルを良く見せたいという気持ちから、締め付けのきついものを選んでしまいそうになります。

 

しかし、骨盤矯正パンツは長時間身に着けて歩く下着です。身体を極度に締め付けてしまう物を着用していると、血流が悪くなってしまい気分が悪くなったり健康に大きな影響を及ぼす可能性があります。骨盤矯正パンツを選ぶ時には、適度に伸縮性があり締め付け過ぎないものを選ぶのがポイントです。

 

骨盤矯正パンツは肌に直接触れる下着であるため、素材や通気性も考慮して選ぶのが重要です。ぴったりした下着の場合は、デリケートな部分が蒸れやすくなる事もあります。

 

蒸れてしまうと臭いや痒みの原因にもなるため、通気性の良い素材を使っている物を選びます。骨盤矯正パンツには、直接履くタイプとショーツの上から身に着ける事が出来るものがあります。直接履くタイプは、汚れが気になる人はおりものシート等も一緒に使う事を検討します。

 

下にショーツを履くタイプは、そのショーツ自体は薄く縫い目のないシームレスの物を選ぶとゴワゴワした感じを軽減出来ます。骨盤矯正パンツを選ぶ時に一番重要になるのが、サイズです。

 

骨盤矯正パンツはある程度の締め付けがあるため、一般的なショーツに比べると小さく作られています。早く効果を得るために、無理に小さいサイズを選んでしまうと血行不良を起こしてしまいます。